風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ アイリッシュ風シチュー / 食べる ]

アイリッシュシチュー
 「文化磁場油や」今期オープニングに、守安夫妻によるアイルランド音楽のコンサートが予定されている。
●「守安夫妻コンサート アイルランドからの風」
4月28日(日) 15時~ 29日(月)14時~、16時~ 2000円1ドリンク*要予約
http://aburaya-project.com/wp/wp-content/uploads/2013/02/lucite-gallery_concert_20130428.pdf
まだ訪ねたことはないが、アイルランドの文化、ことにケルト神話や妖精にはかねがね興味を持っている。民族音楽も好きなので是非聴きたかったのだが、あいにくカフェとギャラリーの営業時間中。残念がっていたところへ、ルーサイトギャラリーのオーナーでこのコンサートを企画したYさんから「油やのエントランススペースで内輪向けの演奏会と、今期スタートの親睦パーティをやりませんか」とメールが来た。「いいですね。アイリッシュシチューでも作りましょうか?」と軽い気持ちで言ったのが運の尽き。「ぜひぜひお願いしま〜す!」
 困った。アイリッシュシチューを作った経験はない。食べたのも十数年前に一度きり。苦手なタマネギがいっぱい入っていて避けるのに必死で、正直言って味もよく覚えていない。それを内輪とはいえパーティに、しかもアイルランドに通じた守安夫妻にもお出しすると言うのか。自分の口の軽さを呪う。
 料理本をあさると、農業国であるアイルランドの家庭料理、要は肉じゃがみたいなものであるらしい。家庭料理なら気が楽である。「本場の味と違う」と言われても「おほほ、うちの味ざんす」と言えば済む。シチューにつきもののスコーンやソーダブレッドは直輸入の粉があるらしいので取寄せてみた。とりあえず試作してみなくては始まらない。
 本来はマトンで作るらしいが、苦手な人も多いので牛バラ肉。ジャガイモとパセリ。そして、タマネギ。私のほぼ唯一苦手な野菜である。ふだんは長ネギやセロリで代用してキッチンに侵入することを禁じている。しかし、さすがに主材料を省く訳にはいかぬ。きつめに塩胡椒した肉を軽く炒めてから、大きめに切ったジャガイモ、丸のままのタマネギ(後で避けやすいように)、みじんぎりのパセリを大量に投入。野菜くずでとった出汁をひたひたに注いで圧力鍋で40分。とろみをつけないシチューなので、さらさらしている。見かけは地味だが、しみじみ滋味。冷え込む冬の晩にぴったりな感じ。
 スコーンはミックス粉に砂糖と塩少々、ミルクでこねて型抜きし、オーブンへ。いい匂い。焼きたてをひとつかじってみると、普通に美味しい。お手軽だ。
 ランチ代わりにBに試食してもらった。「ジャガイモの味が決め手だから新ジャガじゃないほうがいい。食事で沢山食べるにはこれくらいの薄味がいいけどパーティならもうちょっと塩っけがあったほうが」とのこと。地元長野産の美味しいジャガイモを買い出しに行かねばなるまい。
 アイリッシュシチューと名乗るのもおこがましいので、あくまで「アイリッシュ風シチュー」ということにしておこう。もう一回、今度は丸押し麦かオートミールを加えたさらに家庭風のものも作ってみようと思っている。
スポンサーサイト
[ 2013.04.21 / Co0 / Tr0 ]

[ 食材パズル / 食べる ]

「ごめん、やっぱりミーティングは明後日だった」
Bの勘違いで東京行きが一日延びた。家でやることがあるから延期はありがたい。しかし、その一日を食いつなぐ食材がない。火曜日、東京からの帰りに軽井沢ツルヤに寄るつもりが、深夜帰宅になったためまともな買い出しが出来なかった。深夜営業のスーパーで買えたのは牛乳、豆腐、塩鮭、野菜少々。冷凍庫の肉や魚のストックも使い切り、ナマモノ関係はすでにすっからかん状態なのだ。外に出掛けようにもシーズンオフの山では開いてる店の方が珍しい。しかし、こういう時こそ家庭料理は面白い。答えが幾通りもあるパズルを解くようなものだ。
 朝ごはんはパン職人(ホームベーカリー)を稼動させ、トースト、紅茶、インスタントのトマトスープ、オレンジを切った。さて、おひるは? 昨日、自分の分は手を付けずに取っておいた塩鮭、解凍したごはん、冷蔵庫の卵で炒飯に。味噌汁の具は大根。作り置きの蕪千枚漬を添える。炒飯の青味はしおれかけた青梗菜。炒めればわからん。コメと卵と味噌があればとりあえず何とかなるものだと実感。もう少ししたら、そのへんの野草で食べられるものを味噌汁にしてもいいし。
 さすがに晩ごはんは、草津温泉に行くついでに外食にしたいところだが、どこも混んでいてメシ難民になる可能性もある。まだ大根が8センチほど残っているので、ツナ缶と合わせて和風パスタくらいは出来るな。来週、帰りがけに、からっぽになった冷蔵庫や野菜入れ、果物かご一杯の食材を買い込むのが楽しみである。
 
[ 2013.04.05 / Co1 / Tr0 ]

[ 油やプロジェクト2013 / お知らせ ]

 今年度の信濃追分「文化磁場油や」、4/27(土)OPENに向けて油やプロジェクトチームは何度となくミーティングを重ね、準備を進めています。なにぶん古い建物ゆえ、まだ補修工事などが進行中ですが、連休前には全貌を見せてくれるはず。
 今年は全館休業日を火・水の週休2日とするため、「猫町珈琲店」「ギャラリー猫町軽井沢追分」も、木〜月営業となります。写真家とライター(その他出版制作、イベントプロデュースなどもろもろ)という本業を持つ我々には、このロングラン営業は実のところなかなか厳しい。他の仕事が甚だ制限される。けれども、2年目の今年は油やにとってとても大切。旧油屋旅館エントランスに位置する「猫町珈琲店」がクローズしていると「火が消えたように寂しい」と言われてしまう。油やの灯りをともし続けるために、仲間たちのサポートを受けつつ、頑張って営業してまいります。
●猫町珈琲店
冬眠中の研鑽を経て、自家焙煎珈琲がさらに美味しくなりました。「北上古盤堂」主人の強力な支援で音楽もパワーアップ。ブックカフェとして自由にお読みいただける本も続々追加。今年は何かテーマ性のあるオススメ本を並べた棚も作ってみたい。(じゅずつなぎのように、次から次に読んでみたくなるような)
●ギャラリー猫町軽井沢追分
原則として木〜月の5日間をひとつの単位として、作家さんの個展や企画展をおこないます。(姉妹ギャラリーの谷中猫町とは開催サイクルが異なりますのでご注意下さい)観るだけでなく、大好きな作家さんを講師に、いろいろな創作体験ができるワークショップも。アーティストインレジデンスを推奨する油やらしく、滞在される作家さんが多いのもうれしいことです。ここからまた新たな創作の芽が生まれますように。
 今年は軽井沢の桜も早そうです。ちょうど花の頃から、できるだけ多くのお客さまに来場いただき、この場の「磁力」を感じていただきたいと願っています。

文化磁場油や●http://aburaya-project.com/
猫町珈琲店●http://www.facebook.com/nekomachicafe
ギャラリー猫町●http://www.facebook.com/gallerynecomachi
[ 2013.03.29 / Co0 / Tr0 ]

[ 谷中ギャラリー猫町「第4回猫のマッチラベル展」 / アート ]

板東マッチ

これが、Bの出品する「猫町珈琲店」のマッチ。軽井沢追分に今年も4/27から限定OPENする自家焙煎珈琲カフェのマッチ、という想定。この忙しいのに6種類も!! 
[ 2013.01.09 / Co1 / Tr0 ]

[ 夜明けのマッチ工場(ギャラリー猫町「猫のマッチラベル展」) / アート ]

ますむらマッチ
 年明け、棚上げしてた原稿仕事に追われている最中、 Bから内職を頼まれる。それはマッチのラベル貼り。今週から始まるギャラリー猫町「猫のマッチラベル展」に、ますむらひろしさんが描きおろしイラストを出してくださったので、縮小印刷したラベルシールをマッチ箱に貼り付けていくお仕事。わりと器用なBですら貼りながら「ええい、チクショウ!」なんて呟くくらいだから、自慢じゃないが超不器用な私には大変不向きな作業である。Bは自分も「猫町珈琲店」マッチを出品するので、その分も鋭意製作中。夕闇迫る中、宅急便の〆切時間を気にしながら、まだ夜明け前の薄暗い中、猫にごはんを催促されながら、家内制手工業は続く。
 そもそもこのマッチ展、燐票家・加藤豊氏の素晴らしいコレクション展示から始まった企画で、加藤氏の伝手でホンモノの紙箱マッチを手配してもらい、作家さんにオリジナルマッチを創作していただこうというもの。年末年始の忙しい時なのに、大勢の作家さんにご参加いただいた。たぶん、日本のあちこちでこうした「極小臨時マッチ工場」が作業中だと思う。マッチだから、販売するにしてもそんな高い値段は付けられないし、ビジネスと考えたらとても出来るものではない。それでも「面白そう」「やってみたい」という作家さんの「すきごころ」に支えられた企画なのだ。改めて、加藤さんと作家さんたちに感謝!
 アタゴオルのマッチは珈琲の名店「粉雪亭」(大好きなキャラクター・ヒデ丸くんと唐あげ丸氏!)と、「ヒデヨシの友情」(パッと燃えて、即消える)の2種類。愛するアタゴオルのマッチが我が手によって積みあがっていくのもまた楽し、と凝った首筋をゴリゴリ回しながら、内職は続くのだった。

2013年1月10日(木)~1月20日(日)*1/15,16休廊
●加藤豊コレクション・猫のマッチラベル展
燐票家・加藤豊氏のコレクションの中から、明治に発行された猫柄の商標マッチラベル、昭和の広告マッチを紹介。併せて、外国製の猫マッチ等も展示。
●第4回 猫のマッチラベル展
マッチラベルは手に収まる小さなアート。今ではなかなか見かけなくなったマッチラベル。猫好きのアーティスト26名が猫をテーマに創作マッチラベルを作りました。あなた好みのマッチラベルを見つけてください。
【出展予定作家】天野千恵美,有田ひろみ,石川惠子,稲田敦,おおやぎえいこ,奥川ユウジ,尾野寺秀虫,加藤豊,紙町銅版画工房,桐山暁,櫻井魔己子,佐山泰弘, 樹乃かに,松風直美,須永みいしゃ,たかいよしかず,高原鉄男,なかむらじん,波打ち際工房,野田えみ子,半澤淳子,板東寛司,まいけるからわ た,ますむらひろし,目羅健嗣,山口マオ,wataru
http://gallery.necomachi.com/

*同時開催の「野田えみ子の My Collection展 Ⅴ アンティークポストカード〜猫〜」これがまた素晴らしいコレクション! 猫好き、デザイン好きは必見です。
[ 2013.01.09 / Co0 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

[]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。