風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ カマドウマフォビア / 雑記 ]

嬬恋の家は、この夏、蟻の不法侵入に悩まされた。蟻の行列が終ったと思ったら、今度はカマドウマ来襲の季節がやって来た。いよいよ冬だ。カマドウマは「ベンジョコオロギ」という身も蓋も無い別名を持つ虫。確かに弱っちいコオロギという感じでよく跳ねる。ヤツらはどこからやって来るのか。謎である。昔はカマドのあたりにいたんだろうが、我が家では暖炉のある半地下の居間の出没率が高い。別段、悪さもしないので見逃してやってもいいのだが、いかんせん、数が多すぎる。掃除機で吸っても吸ってもきりがない。猫どもも、昔は反応していたが、年をくって怠惰になったせいか、飽きたのか、鼻先でぴょんぴょん跳ねていても知らん顔だ。(ずぼらなモンは太い腹の下敷きにして圧死させていることもあるが)
 じゃまくさいだけで、どうってことのないカマドウマだが、なぜか、この虫だけはダメ、という友だち(男性)がいる。チラッと見るだけで身体が硬直して冷や汗が出るそうだ。一種の恐怖症といっていいだろう。
「どうして? 何もしないじゃん」と訊いたことがある。彼はみるみる青ざめて
「その、何もしないってところが恐いんだよ…」と言った。
よくわからない。そんな理由で嫌われたらカマドウマも立つ瀬がなかろう。
 追分の「油や」で見かけるカマドウマは、嬬恋とは別種なのか、倍くらいの大きさがあって強そうである。件の友人が見たら卒倒ものだ。彼を誘うのは春夏シーズンに限るな。

*カマドウマの写真は自粛しました。
スポンサーサイト
[ 2012.11.08 / Co1 / Tr0 ]

[ ミドリと闘う / 雑記 ]

今日は谷中で「燃えるゴミ」の出せる日。屋内のゴミをまとめたついでに、伸び放題だった家の周りの雑草も抜いて出しちゃおう、と外へ。ふと気付くと長期入院中の義母の2Fの住まいのあたりがエライことになっていた。壁面緑化を期待して植えたツタが繁茂しまくって、ポストやガスメーター、リビングの網戸にまでびっしりと張り付いている。こりゃいかん!と、枝切り鋏を探すも行方知れず。仕方なくキッチンばさみと軍手を武器に挑むこと1時間。網戸なんか裏表にまんべんなく張り付かれていた。あんなに愛らしかったヘデラのポット苗がこんなに凶悪になるなんて…。ツヤツヤの葉っぱのカーテンをめくると、すね毛ボーボーのおっさんの脚みたいな根っこが出て来るのも憎々しい。いつゴミ収集車がやって来るかわからないので、焦りつつキッチンばさみでエイエイッと切りまくっていたら、なんか、ツタじゃないものが落ちてる。勢い余って水撒き用ホースまでチョッキンしちゃったみたい。これ、家のならいいけど、1Fの「肉球カフェ29」さんのじゃないだろーな?
 とにかく、植物の力をナメちゃいけません。3Fのリビングの窓際のソファに座っていて、つんつんと肩をつつかれ、振り向いたら網戸越しに侵入したモッコウバラの枝だった。モッコウバラもあんなに可憐な鉢で、枯れるのが心配で水やりしていたというのに。今や4Fまで伸び放題。トゲが無いはずなのに今じゃ先祖帰りした枝がトゲ付き危険。この一部始終を動画撮影して「安易な壁面緑化計画の代償」というタイトルで公開すればよかった。
 だいたい、植物を育てるのはホントに日々の積み重ねなわけで、ズボラ&嬬恋との二重生活な我々が手を出しちゃいけない分野なのである。Bはなぜか「クワズイモ」の鉢植えを買いたがる癖がある。「いい型だなぁ」と買って来ても水やりをするのは私で結局枯らしてしまうので、Bには「イモゴロシ」という物騒な別名がある。まあ、私も雑草を引っこ抜いたプランターを見て『何か植えたいなぁ。ホームセンターで秋植えの苗を見て来ようかな』などど懲りもせずに考えてしまうし。つくづく植物迷惑なヒトビトだ。
 そうそう、3年前に「文京区の屋上で蜜柑を収穫!」という雑誌記事を見てホイホイ植えた蜜柑に数個、実がついてたのが収穫だった!(ツタにまぎれてわからなかった…)
[ 2012.11.01 / Co0 / Tr0 ]

[ 秋晴れ「猫町食堂」 / 雑記 ]

猫町食堂
「ホンモノ市」で「猫町食堂」を出店しました。「今年はカレー屋でもやろうかなぁ」と、うっかり「ホンモノ市」プロデューサーの宮田さんに言ったのが運の尽き。「飲食関係が手薄なので是非!」。G猫町二人展中の東夫妻もいるし、10/7には古盤堂音楽イベントもある。どうせマカナイメシは必要なんだし、とエントリー。「お天気次第だし、そんなに出ないんじゃないの?」と心配するBの声もあって、まぁ、2日で50〜70食くらい、と想定。谷中G猫町のパーティで大人数の料理は作り慣れているはず…が、やっぱ
り20人前と70人以上では大違い。作業時間の目論見が外れまくり。毎晩モーローとしながら仕込み。
 初日は10時のOPENから1時間、お客様ゼロ。『こりゃ、しばらくうちメシはカレーだな』と覚悟。お昼が近づくにつれて徐々に注文が増え、2升のごはんが空っぽ。あわてて炊き増しに走る。翌日はインド風チキンカレーが切れそうなのでタイ風グリーンカレーを追加したが、13時頃にはどちらも完売。合計コメ61合。
そもそも野外イベントで「ごはん」を出すのは大変なんだということに今更思い至って冷や汗。(豚汁とかおでんにすりゃよかった)でも、結局100人以上のお客さまが、お皿にごはんの一粒、ピクルスの一片も残さずきれいに平らげてくださったのが何よりのヨロコビです。秋の爽やかな空気の中での外ごはん、という環境に助けられてのことではありますが。
 ご来場の皆さま、東京から助っ人に駆けつけてくれたのりちゃん、ありがとうございました!(マカナイメシに回す分も出ちゃって、のりちゃんに食べてもらえなかったのが残念)
[ 2012.10.10 / Co0 / Tr0 ]

[ 密室浴室事件 / 雑記 ]

谷中の家でゆっくり朝風呂に浸かっていた。アートハウスの浴室は「風呂猫だけに、この家の見せ場は風呂です」と建築家が設計した、ちょっと変わったつくり。コンクリ壁で囲まれたテラスに面した浴室の真中にタイル張りの浴槽があり、手前が洗い場なのはいいとして、浴槽の向こう側もタイル張りで水をためられるようになっている。今は防災対策で無粋にも特大貯水タンクの置き場となっていた。何の気なしにタンクの陰を覗き込むと「あれ、ずいぶん大きな葉っぱが落ちてるな…なんか、見覚えのある色合い……ひーっ、カルガモの雛が死んでるう!!」
 即座に「処理班」を呼びつける。Bは「なんで東京でまでこんなことに…」とこぼしながら対応。可哀想に、孵ったばかりくらいの大きさですでにカラカラにひからびていたそうだ。
去年のGW頃、屋上にカルガモが営巣抱卵し、カラスに襲われないかなどと、気をもんでいたところ孵ったその日に親子もろともどこかに巣立ったという出来事があった。関係機関には「同じ所にまた巣を作る可能性はないです」ときっぱり言われたし、この春、屋上点検した際も巣はなかったと思うのだが…。
 せめて浴槽に貯め置き水を入れておけば助かっただろうか? エサもなく親もいなければやっぱり命を落とすしかなかったのか。
 それにしても不思議なのは、この雛がいったいどこからどうやって入ったのかということだ。先週、浴室掃除をした時には何もなかった。野菜のプランターやブルーベリーの大鉢を置いたテラスに面してはいるが、ふだんは網戸をきっちり閉めている。ある夏の夜、浴室の灯りをめがけて黒光りするGが飛んで来たのを見てから、谷中の家の開口部は絶対に開けっ放しにしない。(Bがうっかり閉め忘れでもすると、小学校の「帰りの会」での女子による 男子糾弾くらいの騒ぎになる)
 あの狭い屋上の緑はカルガモの巣場として認知されてしまったのか。これからどうすればよいのか。どこからかやって来て、儚く消えて行った、あまりにも短い命。しばらく、風呂に入るたびに思い出さずにはいられそうにない。
 
[ 2012.07.08 / Co0 / Tr0 ]

[ マボロシのKB珈琲 / 雑記 ]

コーヒー
朝起きぬけの1杯、10時のブレイクタイム、おひるごはんの後、3時のおやつ、温泉に行く前に、夕食後…家にいる時は少なくとも7、8回くらい珈琲を飲んでいる。もうそろそろ寝ようかと思っていても「珈琲淹れるけど、飲む?」と訊かれると、「飲む」と返事する。就寝前に飲んでも睡眠に差し支えない。むしろおなかがあったまって気持ちよく眠れるくらいだ。
 珈琲を淹れるのはBで、これは趣味といってもよいだろう。生豆を自家焙煎している。つい最近、海外通販で少し大きめの焙煎機も取り寄せた。機械の癖をつかむまでが大変だそうで、何やらサンルームで四六時中煎っている。うっかり停め忘れて超深煎りの豆が大量にできたらしく、このところ、「マボロシのKB珈琲(自称)」のメニューは「後味スッキリ炭火焼」一択。煎って数日寝かせた豆を挽きたて、淹れたて、好みのカップで出してくれる。至れり尽くせりのKB珈琲の泣き所は、評価をくだす客が私ひとりだけということだ。私のベロでは正直言って珈琲を味わい分けるまではいかないのだが、外で飲む珈琲の酸化だけは如実にわかるようになった。むしろ迷惑ですらある。
[ 2012.02.15 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。