風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ ふさふさチャーミー /  ]

3744チャーミー

耳毛も毛並みもふっさふさのチャーミーちゃん。岩手在住の立ち耳スコティッシュ。バナナの箱に入るのが大好きらしいけど、この日は暑かったせいか玄関先でごろりん。
スポンサーサイト
[ 2008.06.30 / Co0 / Tr0 ]

[ 東海モーニング / 雑記 ]

名古屋の喫茶店のモーニングが充実しているのは有名だが、岐阜でも「茶わん蒸しとかついてきますよ」と言われた。「ホントですか?」と驚いたが、撮影の帰りに立寄ったスーパー銭湯の張り紙に「モーニング  1)小倉トースト 2)サラダ3)茶わん蒸し4)赤だし  お好きなドリンクがついて300円」。すごいおトク感。でも、この組み合わせなら、私は1)小倉トーストの代りにオムスビのほうがうれしいなぁ。しかし、甘モノ好き、粒あん好きのBは羨ましそうな顔をしている。「茶わん蒸しはあげるよ」と言われても、もう時間外ですから。
[ 2008.06.29 / Co0 / Tr0 ]

[ 東海カプチーノ / 雑記 ]

愛知・岐阜方面に行った。喫茶店の多い土地柄で、休憩場所には事欠かない。しかし、納得がいかないことがある。東海地方の喫茶店でカプチーノを注文すると、甘いホイップクリームを山ほど浮かべてシナモンを振った珈琲が出てくる。ちがーう! これってウィンナコーヒーじゃないのか??? カプチーノは温かい泡立てミルクとコーヒーを合わせたものじゃないのか??? これはこれで美味しいのだが、朝からほしい味ではない。ミルクたっぷりで飲みたい私は身もだえする。いつも頼んでからがっくりするのだが(学習能力ゼロ)、今回、岐阜の喫茶店でもうっかりやってしまった。東海地方の皆さん、カプチーノのこと、誤解してるぞーっ!
[ 2008.06.28 / Co0 / Tr0 ]

[ ラズベリーの舌 /  ]

3760空太

黒猫空太くんのベロは、ラズベリーかカシスのジェラート色。ツヤツヤの毛皮に映えてシックな色合いだ。
[ 2008.06.27 / Co0 / Tr0 ]

[ ぬか床の引っ越し / 食べる ]

きゅうり、こかぶ、なす。今年のぬか漬けがいい感じになってきた。漬けるタイミングと食べるタイミングが合うと本当に美味しい。ぬかみそを毎日かきまわすのは全く苦にならないのだが、週に2,3日は留守にするため、なかなか管理が難しい。冷蔵庫に入れないとすっぱくなってきたので、冷蔵庫保存用のホーロー容器に移し替える。早く家庭菜園で収穫したきゅうりを漬けたいものだ。
[ 2008.06.26 / Co0 / Tr0 ]

[ みけねこゆかちゃん /  ]

3757ゆか

大きな耳に大きな眼、美人猫のゆかちゃん。なぜか三毛猫はみんな気が強そうに見える。事実、「頭が良くて気が強い」割合が高い。漫画「動物のお医者さん」のミケなんか、その典型だな。たぶん、三毛猫はほとんどメスだからだろう。猫の世界は(も?)女子の方が早熟で世渡り上手なのだ。
[ 2008.06.25 / Co0 / Tr0 ]

[ ぱっくりミトン /  ]

猫OvenMitt

一見可愛いトラ猫柄のミトン。しかし、ぱっくり開けると、妙にリアルな口の中にはおびえた表情の小鳥が・・・・。「おまえたちも食われる側の身になってみろ!」と、うちの猫の頭をぱっくりつかんでみる。大変、迷惑そうであるが、痛くもかゆくもないという顔をしている。
[ 2008.06.24 / Co0 / Tr0 ]

[ 猫看板観察記015 / 猫看板 ]

根津喫茶店

喫茶「Le Prlve」(東京根津)
眠り猫の看板、昔風の喫茶店。「猫好き大歓迎」の札が下がる。入ってみると、内装などはごく普通。しかし、茶トラのオス猫に歓迎される。(というか、くんくん嗅がれまくる)。しばらく床でゴロゴロしていた猫が奥のシートに飛び乗ると、常連客がクッションをどけてやる。と、驚くなかれ、壁には穴が開いていて、猫は隣接する住居の階段を上っていった。猫のからくり屋敷! 他にも三毛猫、サビ猫が接客を担当している。
[ 2008.06.23 / Co14 / Tr0 ]

[ マオ猫 / アート ]

都内で撮影後、午後はギャラリー猫町の手伝いに行く。今日は山口マオさんの個展「猫町の猫町」最終日。かなり強い雨にも関わらず、沢山の方々に来廊いただいた。マオさんの描くマオ猫は、クールでどこかシニカル。でも、作家ご本人はオープンマインドで本当に優しい人だ。本や作品にサイン(というより、このサインそのものが作品)をしてもらったファンの方の喜び、感動、高揚感がギャラリー空間にあふれていた。私も16年前に買ってずっと大事にしていた「私家本・猫町」にサインをいただいて、大変幸せ。
大雨注意報発令中の中、マオさんはクルマで鴨川に帰って行かれた。我々も嬬恋に戻る。

[ 2008.06.22 / Co15 / Tr0 ]

[ ガラスの帽子。 / 雑記 ]

長年ガラスのティーポットを使っているが、生来のガサツゆえ、フタを割ってしまうことが2回続いた。ポット本体は無傷なので捨てるに捨てられないでいた。いいかげん場所ふさぎなので処分しようとして、ふと「ふただけ購入できませんか」と、メーカーに問い合わせてみた。丁寧に対応していただいて、代金振込みの翌々日にはフタ3個(用心のため予備も含めて)が届いた。久しぶりにフタと巡り合えたポットは、真新しい帽子をかぶってはにかんでいるようだ。岩城ハウスウエアさま、ありがとうございました。
[ 2008.06.21 / Co0 / Tr0 ]

[ 「夏までヤバいニャッ」 /  ]

東早苗29

体重計に乗ってあせっているビキニのおでぶ猫は、東早苗さんのDM用作品。となりでうなだれているのはメタボ猫のモン。(走ると腹の皮が左右にぶるんぶるん揺れる)。人間たちも思わずおのれの腹を見下ろした。

●東早苗個展「瀬戸の夏まで待てないニャッ! さなぼ展」
九谷焼の作家、東早苗さんの、鮮やかな五彩や染付の器や立体作品がやってきます。ユーモラスで愛らしい「さなぼ」の猫たちに逢いにいらしてください。
会期:6月21日(土)~7月6日 (日)
会場:スペース29(招き猫ミュージアム内)*ギャラリー入場無料
開廊時間:10:00~17:00 入館は16:30まで
所在地:〒489-0821 愛知県瀬戸市薬師町2番地
問合せ先:TEL&Fax:0561-21-0345
アクセス:電車 JR「名古屋駅」より、JR中央線にて「大曽根駅」で名鉄瀬戸線に乗り継いで「尾張瀬戸駅」 へ。 徒歩8分。所要時間50分
自動車 東名高速道路「名古屋インター」から30分 東海環状自動車道「せと赤津インター」から5分

[ 2008.06.20 / Co0 / Tr0 ]

[ のぼのびむにちゃん /  ]

3758むに

タキシードキャットのむにちゃん。のびてます。のびきってます。まだ生後2カ月だけど、この手を見ると大きくなりそうです。(態度もでかい)。
[ 2008.06.19 / Co0 / Tr0 ]

[ 吟醸ちくまねきカップ /  ]

ちくまねき

信州佐久の千曲錦酒造から出ている「ちくまねき」カップ。招き猫のかぶりものをした5人ファミリーの絵柄で、全員ちゃんと手招きしている。軽井沢の和食処で見かけてずっと気になっていたのを、やっと入手できた。
[ 2008.06.18 / Co0 / Tr0 ]

[ 「猫生活」7月号 /  ]

猫生活表紙7月

「猫生活」本号の表紙は埼玉のぽんちゃん。犬猫大勢の大家族で育ったせいか、物事に動じない性格。表紙になっても我関せずで、自分が載っている表紙の上でグーグー寝ているそうだ。
[ 2008.06.17 / Co0 / Tr0 ]

[ テヅルモヅルと二コラテスラ /  ]

テヅルモヅルはクモヒトデの一種。5本の腕の先が細かく分化した触手になっている。巻き毛の髪の毛のようだ。漁網に絡まったりすると厄介らしい。想像すると不気味である。でも名前は好きなので、何度も舌の上で転がしてみる。特に「ヅ」を反復するところが気に入っている。
二コラテスラはクロアチア生まれの異端の科学者で、手を触れずに演奏する不思議な楽器「テルミン」の発明者でもある。なぜか、テヅルモヅルのことを考えると、必ずセットで浮かんでくる名前だ。
[ 2008.06.16 / Co0 / Tr0 ]

[ 地震お見舞い申し上げます / 未分類 ]

東北地方で大きな地震。先月旅行したばかりなので、ニュースで聴くどの地名にも覚えがあり、より生々しく感じられる。無残にえぐられた山肌、寸断された道路の映像に涙が出る。撮影で伺ったお宅、猫さんたち、お世話になった方々、みんなご無事だろうか。余震の続く中、不安な思いをされていることだろう。早く落ち着かれますように。
[ 2008.06.15 / Co5 / Tr0 ]

[ 猫看板観察記015 / 猫看板 ]

喫茶猫丸

炭火珈琲店「猫丸」(東京中野)
20年くらい前、高円寺に「猫丸」という喫茶店があった。どんな店だったのか憶えていないが、手元に店のマッチだけが残っている。いつのまにかなくなっていたが、中野に移転していたのか? 車で通りすがったので確認できず。ゆっくり炭火珈琲を飲みに行きたい。
[ 2008.06.14 / Co0 / Tr0 ]

[ ほっかむりぽち /  ]

3756ぽち

ほっかむりした「女ねずみ小僧」にも見えるし、ショートボブのモガにも見える。ユニークな柄の「ぽち」ちゃん。立ち姿ばっちりのスーパーモデル系。
[ 2008.06.12 / Co0 / Tr0 ]

[ 謎の生きもの / 雑記 ]

草津温泉から帰宅途中の夜道、ヘッドライトの光の中を横切るケモノ。黒っぽいが縞があった気がする。しっぽが太く長く、足が短く、鼻先はとがった感じ。前のめりになるような姿勢で道路を横切っていった。猫でも犬でもタヌキでもキツネでもないプロポーション。「何だろう?」と首をひねっていると、1キロくらい先で、今度は薄茶っぽいケモノが同じように前を横切った。先のヤツとプロポーションはよく似ている。
 帰って図鑑を調べる。薄茶のはイタチくさい。黒っぽいほうは見当がつかない。アナグマでもハクビシンでもないなぁ。
[ 2008.06.11 / Co0 / Tr0 ]

[ ムギワラみーにゃ /  ]

3765みーにゃ

柔らかい色合いのしましま猫、みーにゃちゃん。猫の毛色の呼び名のひとつ「ムギワラ」って、こんな感じかな?  ムギワラから連想して、ルーゲの「ぼうしネコとゆかいな仲間」(岩波少年文庫)を引っ張り出してきて読む。帽子をかぶってハンドバッグを持ったおしゃれなおばさんネコの物語だ。
[ 2008.06.10 / Co1 / Tr0 ]

[ 青猫島コスモス記 /  ]

初めて読んだ時の衝撃が忘れられない。詩的イメージの豊饒、気が遠くなるほど描き込まれた細密画、不思議な島のあちこちを徘徊する猫たち。ここが自分のもうひとつの「猫町」であると感じた。この「青猫島」原画をはじめ、ますむらひろしさんの初期作品原画に触れる機会があった。息を詰めて見とれた。「嬉しい」というよりむしろ「痛い」くらいの体験で、帰宅後ぐったりと寝込んだ。
[ 2008.06.09 / Co0 / Tr0 ]

[ 文庫版「寝ん猫」 / お知らせ ]

寝ん猫

2008年6月10日、文春文庫プラスから板東寛司の最新刊「寝ん猫」刊行。文春ネスコから写真集「寝ん猫」を出したのが1999年。文庫版は全く新しい写真と、「猫と眠り」に関する荒川千尋のコラム10篇を収録しています。表紙を飾るラグドールの仔猫「フクちゃん」は、うっすら口を開けた寝顔が「終電の居眠りオヤジみたいで可愛い」と、カバーモデルに抜擢されました。幸せそうな「寝ん猫」たちを堪能してください。
[ 2008.06.08 / Co0 / Tr0 ]

[ 猫町ブログ始まりました。 / お知らせ ]

ギャラリー猫町

立ち回り先(?)のひとつ、東京谷中の「ギャラリー猫町」。猫アーティストの企画展や、作品、作家の素顔などをご紹介する「猫町ブログ」が始まりました。私も時々、「谷中のおいしいもの情報」や「谷中のあやしいもの情報」「猫町パーティレシピ」なんかを書かせていただきます。どうぞよろしくご愛読くださいませ。http://necomachiblog.blog17.fc2.com/
[ 2008.06.06 / Co0 / Tr0 ]

[ こっぱみじん。 / 雑記 ]

朝食後の洗い物をしていて、ガラスのコーヒーサーバーを落とした。こっぱみじん。「コーノ 名門」というちょっと特殊なサーバーで、わざわざ高崎まで買いに行き、サクラ材のウッドハンドルがなかなかいい感じになってきていた矢先の惨事であった。こんな時、自分はいつまでもうだうだと気持ちを引きずってしまうが、Bの反応はいつも同じ。「しょうがないよ。また買えばいいさ」大事にしていた作家ものの器を割った時も「また益子に買いに行こう」。淡々とした反応に救われる時もあれば、『思い入れがわからないヤツ!』と腹が立つこともある。今回は前者。一日に4,5回はコーヒーを淹れるBなので、ネットで探して注文する。同じサクラ材のものが見つかってよかった。
[ 2008.06.05 / Co0 / Tr0 ]

[ 箱入りマフィン /  ]

3714マフィン

マンチカンのマフィンくんのお宅に撮影に行ったのは、春先のとても風の強い日だった。だから、マフィンくんの写真を見ると、ごうごうとあの日の風の音が聞こえてきそうだ。風の又三郎猫。
[ 2008.06.04 / Co0 / Tr0 ]

[ 探偵の夕食 / 雑記 ]

欧米のミステリを読んでいて気になることがある。シカゴの女探偵V.I.ウォーショースキーや、ロサンゼルスのハリー・ボッシュ刑事は、しばしば夕食にサンドイッチしか食べない。しかもキッチンで立ったまま作ってビールで流し込んだりする。いくら疲れてるからってサンドイッチだけはないだろう! せめてパストラミやチーズだけじゃなく野菜も挟め! ビールじゃなくて牛乳にしろ!  と言いたくなってしまう。トーストとスクランブルエッグだけ、というパターンもある。それじゃ朝食じゃん! これってお茶漬けサラサラと同じ感覚なのだろうか。晩ご飯はしっかり食べたい私には納得いかないのだった。
[ 2008.06.03 / Co0 / Tr0 ]

[ 干しきのこ / 食べる ]

干しきのこ

今日はちょっと日差しが出たので、買ってきたきのこ類を陽に当てる。干椎茸に限らず、干すとうまみが凝縮される感じで保ちもいい。通年で安くて新鮮なきのこ類が入手できるのは、山ならでは。夕方に取り込み、チキンカレーの具にして煮込む。
[ 2008.06.02 / Co14 / Tr0 ]

[ 猫看板観察記014 / 猫看板 ]

招き猫中古車看板

バイクショップ(千葉市原)
小判の代わりに「買い取り」「中古車」「新車」と書かれた看板を抱えている。持ちにくいのか、だいぶ猫背になっている様子。白に茶ブチの柄が珍しい。
[ 2008.06.01 / Co14 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。