風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ さよなら、ヤマちゃん / 雑記 ]

いつも行く草津の食堂の前に犬小屋があって、白い雑種犬を飼っていた。白犬だけど背中の毛がひとすじ黒っぽいのがヤマネに似ているので、うちでは勝手にヤマちゃんと呼んでいた。声をかけると小屋から出て挨拶してくれた。おとなしくてやさしい目をした犬だった。去年の冬くらいから、だいぶ年をとったみたいだなぁと思っていた。今日行ったら犬小屋がひっそりとしている。鎖と古びた革の首輪が残されていた。ごはんを食べながらぽろぽろ泣けて来た。さよなら、ヤマちゃん。
スポンサーサイト
[ 2008.07.25 / Co0 / Tr0 ]

[  / 食べる ]

桃はいちばん好きな果物のひとつだ。しかし、桃は当たり外れが大きい。こわごわ持って皮を剥くとき、まだ固くてうまく剥けなかったりすると、「ごめんなさいごめんなさい」と、とんでもない失策を犯した気分になって途方に暮れる。食べ頃の判断がつかずに傷ませてしまうこともしばしばだ、皮がスーッと剥けてもまだ油断は出来ない。食べてみると全然甘くなかったりする。
 甲府方面で猫撮影をした帰り、JAで地物の箱入り桃を買ってみた。6個600円、あまり期待はしていなかったのだが、これがなかなか美味しかった。熟しきって傷む一歩手前、という感じだが瑞々しく香り高い。甲府の蒸し暑さは筆舌に尽くし難かったが、この気候が甘い桃を育てるとあらば仕方ないな。
[ 2008.07.21 / Co0 / Tr0 ]

[ おもだか屋アートステージ(小淵沢) / アート ]

小淵沢の猫ギャラリー「おもだか屋アートステージ」のオープニングパーティへ。もう8回目になるという今年は、フルートアンサンブルのミニコンサートもあって、高原の夏らしい爽やかな雰囲気。七夕のように1年に1回、ここだけでお目にかかる方と楽しい時を過ごした。ここのカフェでは素焼きの器に呉須で自由に描く絵付け体験が出来る。今年は猫フェイスの小鉢に描いてみた。焼き上がりが楽しみだ。

● おもだか屋アートステージ「猫のアートクラフト展」
陶磁器・和布・ガラス・書・木工など幅広い素材の「猫」にこだわったアート作品、猫をモチーフにした雑貨の展示販売など。
会期:2008年7月19日(土)~2008年10月13日(月・祝)
営業時間:10:00~17:00
定休日:7・9・10月…火・水定休日/8月…無休、9月23日(火・祝)…営業
会場:おもだか屋アートステージ ギャラリー1
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-200
問い合わせ先:0551-20-5330 
出展予定作家:青井孝行・ゆり/天野千恵美/有田ひろみ・ちゃぼ
/石渡いくよ/磯貝由香里/市田志保/イトウタカシ/伊藤美果/岡本肇/おさのなおこ/小澤康麿/小田マリ/元祖ふとねこ堂/草田美津保/小嶋伸/小嶋サチコ/小島美知代/小林節子/櫻井魔己子/佐山泰弘/鈴川香緒里/すみ田理恵/松風直美/蝉丸/高橋理佐/なつめみちこ/服部京子/播和比古/半澤淳子/東早苗/東直生/ひがしりょうこ/平林義教・利依子/藤巻晶子/布施和佳子/前川幸市/曲沼らん子/松本浩子/水谷満/水野志元乎/宮内久美子/宮地乃梨子/村上しよみ/もりわじん/和田芳/渡辺志野/その他
[ 2008.07.19 / Co0 / Tr0 ]

[  /  ]

3754渋谷
アメショーシルバータビーの女の子。おなかを見せてごろん、としたところ。この子のおなかはわりあい白っぽい。口元のぷくっとしたところが何とも言えず可愛い。
[ 2008.07.17 / Co0 / Tr0 ]

[ 草津イタリアン / 食べる ]

昨日は誕生日だったので、Bが草津のイタリアンレストランを予約してくれていた。テーブル3卓くらいのとても小さな店だ。トウモロコシ、ズッキーニ、アスパラガスなど地物野菜が甘くて美味しい。(その分、野菜の取れない冬期のメニュー作りが難しそうだ)焼きたての自家製グリッシーニ、自家製パンなど、さすが粉食王国・群馬という感じだ。クルマなので私だけ白ワイン2杯いただく。全体に量は控えめなんだけど、デザートまでたどりつく頃には苦しくなっていた。消化不良メッシュの気持ちがちょっとわかった。
[ 2008.07.15 / Co15 / Tr0 ]

[ 捨て猫ごっこ /  ]

3759タイガー

横浜のタイガーくん。元野良猫。いまは保護されて、お父さんと「捨て猫ごっこ」ができるようになりました。よかったね。
[ 2008.07.14 / Co0 / Tr0 ]

[ 猫看板観察記017 / 猫看板 ]

シャノアール

洋風居酒屋シャノアール(根津)
言問い通り沿いにできた南欧風レストランと言うか、洋風居酒屋。ランチ(なぜかロコモコ丼)をいただいて帰り際に若い男性スタッフに「どうしてシャノアールって名前にしたんですか?」と聞いたら「・・・・ん~、気まぐれで・・・・」と返事が返ってきた。
[ 2008.07.13 / Co0 / Tr0 ]

[ 屋上菜園2・カボチャの海 / 雑記 ]

屋上菜園2

そして1カ月半。忙しくてしばらく屋上に行っていなかったら、大変なことになっていた。カボチャの葉っぱの大海原である。植えてある他の植物(私の大事なローズマリーとか)を踏み越え、屋上を覆い尽くしていた。あまつさえ、隣家の軒先に触手を伸ばしている。よく見ると赤ん坊の頭大の実もふたつぶらさがっている。おいおい、アンタは「こぶし大の実がなるほくほく甘いミニカボチャ・ぼっちゃん」だったんじゃないの??? 屋上緑化としては成功だが、この実が落っこちて通行人に当たったらと思うとぞっとする。Bが葉っぱをかき分けかき分け、野放図なツルを成敗した。
[ 2008.07.10 / Co0 / Tr0 ]

[ 屋上菜園 / 雑記 ]

屋上菜園1

谷中の家はRC、つまりコンクリートの箱である。夏は暑く冬は寒い。その対策として屋上に畳三畳分ほどの広さの土を入れてある。いわゆる屋上緑化で、台東区から補助金もいただいた(ちなみに区内ではうちが初めてらしい)初年度はミニトマトを植えて結構な収穫があった。去年は「採り立ての空豆でビールを!」と目論んで、あえなく失敗。(ひょろひょろで小指の先くらいの莢しかつかなかった)。照りつけ、水不足、強風と植物には劣悪な環境なのである。今年はだめもとで、JA世田谷で買ったカボチャとスイカの苗を植えてみた。これは5月下旬の画像である。
[ 2008.07.09 / Co0 / Tr0 ]

[ 苦い目薬 /  ]

メッシュの具合が悪くて、一晩中、くしゃみと咳と吐く声がまじったような音を立てていた。ふだんより食欲は落ちているが一応食べる。吐きはしない。やっぱり胃の中に何かよからぬもの(想像したくない)が入っているのか。こりゃレントゲンか開腹手術かと悲観しながら動物病院へ。
「リンパ腺が腫れていて熱がありますね。風邪だと思います。胃に異物があればまず食べられないですから」という診断。また注射を打たれるメッシュ。「メッシュちゃんはふくよかなので脱水症状の心配も少ないですね(笑)」風邪のウィルスは粘膜にひそむ、ということで液状の薬が出る。眼、鼻、口などに垂らす目薬みたいな形状。「これ、すごく苦いんです。泡吹きますけどご心配なく」うわぁ、ホントに白い泡を吹いた。早くよくなれメッシュ!
[ 2008.07.08 / Co0 / Tr0 ]

[ 猫看板観察記016 / 猫看板 ]

根小屋村

根小屋村(相模湖町)
看板とはちょっと違う気もするが、神奈川県相模湖町、旧根小屋村(ねこやむら)の石の案内板。石彫のお地蔵さまたちが、旅人の無事を祈ってくれている。満月の夜、村人たちが全員猫になって手ぬぐいかぶって踊ってくれないかなぁ。(その時にはこのお地蔵さまにも猫耳が生えてくるのだ!)
[ 2008.07.07 / Co0 / Tr0 ]

[ ハチワレおかめくん /  ]

3762おかめ

男の子だけど「おかめ」くん。「前髪がオカメ。仔猫の頃、おかめ納豆のパッケージそっくりだったから」なるほど、あのオカメなんですね。今は成長してあごのほくろもセクシーないいオトコになりました。
[ 2008.07.06 / Co15 / Tr0 ]

[ 10年モノ / 雑記 ]

ガスコンロの魚焼きグリルを点火するとボッと爆発音がする。こわいのでガス屋さんに見てもらったら「腐食で管に穴が開いてバックファイヤを起こしてる。使用不可!」とのこと。仕方ない、買い替えだ。電話機も調子が悪い。この家を建てて10年、いろんなところにホコロビが出てきている。まあ、電化製品は買い替えれば済むことだけど、気がつけば猫たちも全員10年以上モノ。こっちはかけがえがない。みんなずーっと元気でいてほしい。(消化不良メッシュは今日も元気がない。心配)
[ 2008.07.05 / Co0 / Tr0 ]

[ まんまる楓芽くん /  ]

3755楓芽

楓の芽と書いて「フウガ」と読む。日本語っていいなあ、と思わされる名前だ。まんまる顔にまんまる眼の楓芽くん、ちょっとキンチョー気味でした。カメラバッグの匂いを嗅いでんんんーっ」という顔。
[ 2008.07.04 / Co1 / Tr0 ]

[ 8,110円 /  ]

メッシュが朝ごはんを食べた後何回も吐く。白い泡しか出なくなってもケホケホ苦しそうで声もかすれている。ひょっとしてのどに何か詰まっているのではないかと動物病院に駆け込む。(移動中ずっとわめいているので詰まっちゃないな、と安心)。女医さんが「のどもリンパ腺も胃も異常なし。消化不良でしょうから注射打っときますね、メッシュくん」「あ、メスなんです」「あらごめんなさい」・・・・注射されても固まってるメッシュ、「お肉が厚いから痛くないのかな? 全然啼きませんね」と笑われる。デブの効用か。
 会計8,110円。ワクチンもついでに打ってもらったからだけど、うちは猫の医療費の方が絶対高いな。でも、大事でなくてよかった。「これからはがっつかないで、よく噛んで食べろよ!」「ニャー!」
[ 2008.07.03 / Co0 / Tr0 ]

[ 暑い日も寒い日も /  ]

猫パック

ジェル状保冷材入りパック。暑い時期のお弁当の腐敗防止に、冷凍庫に入れて1時間。沸騰したお湯に浸け置くと保温材にもなるらしい。猫とは思えない働きものなのだ。
[ 2008.07.01 / Co14 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。