風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ おやすみ、コロチン。 /  ]

2012年2月28日、コロチン死す。16歳7ヵ月。22日に発病してからわずか1週間だった。もう苦しくないね。大好きだったよ。今までありがとう。ゆっくりゆっくりおやすみ。
スポンサーサイト
[ 2012.02.28 ]

[ マボロシのKB珈琲 / 雑記 ]

コーヒー
朝起きぬけの1杯、10時のブレイクタイム、おひるごはんの後、3時のおやつ、温泉に行く前に、夕食後…家にいる時は少なくとも7、8回くらい珈琲を飲んでいる。もうそろそろ寝ようかと思っていても「珈琲淹れるけど、飲む?」と訊かれると、「飲む」と返事する。就寝前に飲んでも睡眠に差し支えない。むしろおなかがあったまって気持ちよく眠れるくらいだ。
 珈琲を淹れるのはBで、これは趣味といってもよいだろう。生豆を自家焙煎している。つい最近、海外通販で少し大きめの焙煎機も取り寄せた。機械の癖をつかむまでが大変だそうで、何やらサンルームで四六時中煎っている。うっかり停め忘れて超深煎りの豆が大量にできたらしく、このところ、「マボロシのKB珈琲(自称)」のメニューは「後味スッキリ炭火焼」一択。煎って数日寝かせた豆を挽きたて、淹れたて、好みのカップで出してくれる。至れり尽くせりのKB珈琲の泣き所は、評価をくだす客が私ひとりだけということだ。私のベロでは正直言って珈琲を味わい分けるまではいかないのだが、外で飲む珈琲の酸化だけは如実にわかるようになった。むしろ迷惑ですらある。
[ 2012.02.15 / Tr0 ]

[ 幸せを招く「板東寛司22枚の肉球写真展」 / お知らせ ]

29の肉球魁皇 1998年、写真集「猫の手」を出版した。以前から肉球写真を撮りためていたBのモノクロのポストカードを見て訪ねて来たのが、当時文藝春秋の編集者だったUさん。猫の肉球写真だけを集めたマニアックなこの本の企画、社内では大反対にあったそうだが、幸いにも好評で何度も版を重ねることができた。2003年には文庫版「ねこの肉球完全版」も、Uさんの編集で刊行。写真だけでなく読ませるものを、というリクエストで、私も「肉球占い」や肉球に関するコラムを書いた。楽しい仕事だった。(この本も社内では「猫のニクダマって何ですか?」と言われたそうな) 「板東寛司22枚の肉球写真展」開催中の「猫町カフェ29」の主は、実はUさんなのである。Uさんと、たくさんのものを招いてくれた肉球に感謝! 全点撮りおろし新作の肉球に、ぜひあなたも招かれてみてください。写真は今年の「SLEEPING CAT」表紙を飾った東京の「魁皇くん」のしあわせ肉球です。 ●「板東寛司22枚の肉球写真展」 会期:2012年2月1日~20日(月、火、祝日営業翌日休) 時間:昼 カフェ 12時~17時 夜 ビストロ(要予約)18時~22時 会場:猫町カフェ29(東京都台東区谷中2-1-22) http://nyancafe29.blog.fc2.com/ 問合せ先:03-3827-3329
[ 2012.02.03 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。