風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ 軽井沢町追分ブックカフェ「猫町珈琲店」プレオープン! / お知らせ ]

〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分607「油や」本館ホール Tel.0279-80-3922(猫町珈琲店準備室) 猫町珈琲油や 軽井沢追分の老舗旅館「油屋」再生プロジェクトに参加して、ブックカフェ「猫町珈琲店」をやることになりました。アート、クラフト、古書などの文化発信地として生まれ変わる油屋本館ホールで、Bが自家焙煎珈琲を自ら淹れてお出しするカフェです。本格オープンはこの夏を予定していますが、御披露目イベントとして5/3~6、「板東寛司スリーピングキャット写真展」「藤村俊之コレクション/猫のレコードジャケット展」を開催します。このイベントのための特製ブレンド珈琲も味わっていただけます。また、5/4(金)には、「藤村俊之さんのDJで聴く猫ジャケ名盤レコード」も。アーティストなかむらじんさんの現代アートギャラリー「沙庭」開廊、陶芸家宮多一尾さんの「アトリエ多一展」、隣接する「村の古本屋 追分コロニー」さんの秘蔵の猫本500册大放出などなど、盛りだくさん。どうぞお出かけください。 http://www.furoneko.com/news/coffee.html http://www11.plala.or.jp/colony/fm_aburaya.html
スポンサーサイト
[ 2012.05.02 ]

[ 呼べない名前 /  ]

愛猫を亡くしてから、2ヵ月。めっきり口数が少なくなった。
もともと、そうおしゃべりな方ではない。
自宅を離れているときの口癖は
「早くコロに会いたい」
「コロが待ってるから」
「コロが寂しがっていないかなぁ」だった。
自宅にいる時は、少しでも姿が見えないと名前を呼んで探しまわった。
顔を見るたびに、何度でも飽きずに
「コロチン、どうしてそんなに可愛いの?」
「コロチン、この世でいちばん好きだよ」
と話しかけるのが常だった。この十数年間でいちばん多く口にした単語だったかも知れない。

自分にとってコロチンは、帰るべき場所の象徴だったのだと思う。
真夜中、東京から嬬恋へ帰る時の、もうすぐ会えるという純粋なよろこびはもう二度とない。
私もBも黙って軽井沢の峠を越える。
口に出せなくなった名前は、胸のどこかに溜まり続けていて苦しい。
[ 2012.05.01 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。