風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ ホームセンター・トマト / 雑記 ]

 長野に行った時、通りすがりのホームセンター「トマト」に入ってみた。よその土地に行くと、地元の小さな市場やスーパーに立ち寄りたくなる。土地の人にとってはごく当たり前のものでも、こちらには新鮮な発見、ということがままあるからだ。チェーンストアだと、どこに行ってもたいてい同じ品揃えで面白くない。
「トマト」では、店頭に並んだ除雪機に眼を惹かれ、入り口付近では旧型のコークスストーブやレトロなタイル貼りのストーブ台に『これは!』と期待して店内へ。果たして、農業や土木作業、アウトドア関係の商品が異様に充実している。特に、金物、刃物の品揃えがものすごい。
「グレンスフォシュの斧があった」とB。最近、眼が斧モードになっているらしい。
「このひとつ上のサイズはないですか」と、店の人にたずねる。
「お客さん、薪割りに使うのかい。取り寄せもできるけど、これよりもっと切れる斧があるよ。もう何十年も前から、うちで土佐の職人に作らせてるんだよ」
この愛想のいいおじさんが、ここのオーナーらしい。いろいろ見せてもらって、試し振りしてみたB、とうとう店長おすすめの斧を購入。
「いや、ホント切れるからコレ。もしなんかあったらいつでも持って来てくださいよ。でも、楽に割るなら薪割り機が一番なんだけどね。奥さん、どう? ウチの薪割り機はすごくいいよ」
エビス様みたいにニコニコ顔のなかなか商売上手の店長である。
「しばらくは連れ合いの人力に頼ることにします」
[ 2007.12.19 / Tr0 ] [ Trackback ]
Trackback Url
http://furoneko.blog69.fc2.com/tb.php/10-c3d4e582

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。