風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ 「富士日記」 /  ]

武田百合子「富士日記」は夏になると読み返したくなる本だ。小説家武田泰淳と百合子夫人が、ひとりむすめ(のちの写真家・武田花)を連れて富士山麓の山荘で過ごす日々が淡々と綴られる。時には「さんま2本三十円」などと家計簿代わりのメモにも使われている。ただそれだけなのに、なぜこんなに魅力的なのだろう。
 山荘に来る途中、不慮の事故で亡くした愛犬ポコを庭に埋める場面がある。
「ポコ、はやく土になっておしまい」
昔から心に染み付いて離れない一節だった。
[ 2008.08.20 / Co0 / Tr0 ]
[ Comment ]
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

[ Trackback ]
Trackback Url
http://furoneko.blog69.fc2.com/tb.php/229-72e51c35

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。