風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ よもぎ湯・よもぎ猫 / 雑記 ]

千葉で生後2週間の子猫たちを撮影。夢中で撮っていたら4時間も経っていた。長時間撮影と花粉症、ノド風邪、それに先日来の筋肉痛がまぜこぜになって疲労困憊。軽井沢のトンボの湯が季節のよもぎ湯だというので寄って行くことにする。浴槽の四隅によもぎを入れた竹籠を浮かべてあった。もう遅い時間だったせいか、そばに寄ってもあまりよもぎの香りはしない。ふと、この竹籠はどこ製のものか、とか、防腐剤や防カビ剤をしみ込ませてないだろうか、などと考えてしまって、籠からなるべく遠ざかった。風情は薄れても、よもぎの束をそのまま入れてくれた方が精神衛生上よろしい。
 猫の毛色にも「よもぎ」というのがある。古い言葉なのか、うちの母が「すごくいいよもぎ猫だったよ」などと使っていたっけ。
[ 2009.03.02 / Co0 / Tr0 ]
[ Comment ]
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

[ Trackback ]
Trackback Url
http://furoneko.blog69.fc2.com/tb.php/346-5ff7e9ea

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。