風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ ちびちび干柿 / 食べる ]

干し柿

長野県高森町の農産物直売所で不思議なものを発見。真っ黒で大きめの干しぶどうのようなものがぎっしり入っていて「干柿」と書いてある。ちゃんとひとつひとつにヘタも付いている。ひと袋210円。試しに買ってみることにする。
レジのおばさんに
「これも干柿なんですか?」と訊いてみるが
「そうだよ。ああ、それより、この銀杏はよくないね。今替えてくるから」と、一緒に買った銀杏に気を取られてろくに返事をしてくれなかった。(ちなみに銀杏は粒の大きさより持ち重りのするものがいいそうだ)
Bの推理:樹から落ちた未熟な実か間引きした実を干したのではあるまいか。
食べてみたら「そんなに甘くないけど、普通に干柿の味がする」そうだ。
(写真はちびちび干柿、普通の干柿、干してない柿)
[ 2008.01.15 / Co1 / Tr0 ]
Edit
いまごろ、なんだ?
と、思われるでしょうが・・・・年賀状を整理していたら・・・・
ブログが・・・と書いてあったので、読んだら一言話したくなりました。
ゴブサタです。年賀状だけのお付き合いで申し訳ない。
多摩川の畔に住まうMORINOでございます。
この柿は、小生の故郷(伊豆)の山にあった原種に近い渋柿
と同じものだと思います。
morino / URL / 2008.01.15 18:34
[ Comment ]
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

[ Trackback ]
Trackback Url
http://furoneko.blog69.fc2.com/tb.php/40-3d05c3eb

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。