風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ スウェーデンの斧 / 雑記 ]

斧1

 Bが今年の薪割り用に斧を新調した。グレンスフォシュという北欧のメーカーの斧だ。ネット通販で購入したが結構いい値段である。
「スウェーデンは鋼がいいんだ」
はがねがいい。そのひとことで、深い針葉樹の森のシルエットが立ち上がり、ひげむくじゃらの大男が白い息を吐きながら大木を切り倒すシーンが浮かんでくる。耳も頬も凍えそうに清冽な空気、ほとばしる樹液、鮮烈な森の匂い。
「そうだ、スウェーデンに斧を直接買い付けに行けばいいんだ! そしたらいくらでも買えるだろ」
Bが眼を輝かせている。そういえば、以前から北欧のデザインを見に行きたいと言っていたっけ。斧だけをぎっしり詰めたスーツケースを成田で開けることを想像してくらくらする。(絶対、私の鞄にも詰め込まれるに決まっている)どんな連続殺人鬼夫婦だよ。
「その旅行代金があれば、日本で斧40本くらい買えると思うよ」
冷静に指摘するにとどめておいた。
[ 2007.12.17 / Tr0 ] [ Trackback ]
Trackback Url
http://furoneko.blog69.fc2.com/tb.php/8-620875ff

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。