風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ 2012謹賀新年 / 雑記 ]

鏡餅
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2012のお供え飾りはBが整えてくれた。鏡餅は弘前のJA直売所で。後ろの藁舟の柿と両脇の唐辛子は新潟村上の朝市で買った地元のおばあちゃん手作りの品。干柿は長野の市田柿。手前の漆盃入りの木の実類は盛岡の八百屋で見つけたお供え。銀杏やかち栗、煮干しに桜えび、豆などのミックス。日本と世界の五穀豊穣、安心平和を祈ります。
[ 2012.01.03 / Tr0 ]

[ 暮れの水難 / 雑記 ]

明け方、チョロチョロと水が流れる音がする。トイレの水洗レバーがうまく戻っていないのかと見に行くと、水面が上がって来ている! 数年前、大雨で浄化槽に大量の水が流れ込み、じわじわとトイレの水位が上がって行くのを息詰まる思いで見張っていた記憶がよみがえり、あわててBを叩き起こす。どうやら何か詰まっているわけではなく、外部配管の凍結で水が流れないようだ。寒冷地仕様で水回りの配管は防寒措置してあるし、トイレ自体にも電気ヒーターを置いてある。しかし、東京に行っているあいだ、この寒波で凍ってしまったらしい。水を汲み出し、お湯を流すことで何とかおさまった。しかし、明日からまた3日ほど出掛ける予定。帰宅してまた凍結していたら、もう修理の手配も出来ない。山の中だから、いざとなれば庭の一隅に穴を掘ることもできるけど、夏ならともかく外は-10℃で雪が散らついてるからな。田舎では年末年始の水回りのトラブルほど恐ろしいことはない! いま、水を司る龍神様に必死の祈りを捧げている。
[ 2011.12.27 / Co0 / Tr0 ]

[ DENで、でれんでれん / 雑記 ]

陽気の良い頃はリビングの一枚窓のそばで、庭に来る野鳥やタヌキを観察しながら仕事をしているが、いよいよ寒くなって来たので、活動拠点をDENに移した。DENって本来の意味は動物の巣穴だが、建築用語的には「隠れ家」らしい。半地下になった3畳くらいのスペースで、三面が壁、正面に作り付け暖炉と入口階段がある。天井が低いのでちゃぶ台と座布団、テレビもあるし昼ごはんや晩ごはんもここで摂るので、うちの茶の間でもある。ごはんの度に持込んだMacと資料を片付けなくてはならないが、床暖房の効きがよいのでぬくぬくできる。ここで仕事をしていると、猫どももやって来てすごい格好でゴロゴロする。寒い時期は、床の温度がすごく熱くなっている時がある。昔はちゃんと座布団の上に退避していた猫たちも、歳のせいかそのまま寝ていることが多くなった。そんな時は、猫をポンポンと軽く叩いて「脳味噌煮えてアホになるで」と忠告してやる。それでも動かない時は、3匹を順番によいしょと抱え上げて座布団に乗せる。1日に何回もこれをやってると仕事がちっとも進まない。私の脳味噌も煮えていないか心配だ。
[ 2011.12.16 ]

[ ヒヨコ電灯 / 雑記 ]

ひよこ電灯
ツマラナイ雑貨を衝動買いする性癖がなければ、今頃クルマの1台でも買えてたんじゃないかと反省していたのだが、また買っちまったよ。これ、左側の羽みたいな部分をガチャガチャすると充電できる懐中電灯。丸善oazoで見かけて『防災用品だし…』と自分に言い訳しながら、レジ直行。ヒヨコだと思ってたが、よく見るとおなかが白いし顔はオバQ風味。あんた、ナニモノ? 柄違いのしょぼくれサンタと腹黒そうなパンダ(耳がない)も欲しかったなぁ。(やっぱり全然反省してない)
[ 2011.12.02 / Tr0 ]

[ はんぶんサイダー / 雑記 ]

サイダー
近頃、あちこちで「地サイダー」を見かけるようになった。ガラス瓶好きの私(実は牛乳瓶コレクター)と、ラベルデザイン好きのB、利益が一致(?)するので、つい買ってしまう。
「サイダーって、中身飲んでもいい?」と訊くと
「色付きのものもあるから、そのままの方がいいね」という返事。
牛乳瓶だと中身はナマモノなので、買ったらすぐ飲んでしまうのが常道なのだが、まあ、サイダーはそういうものかな、と納得した。ところが、翌朝見ると、「東京レモネード」の中身が半分になっている。蓋はしてあるが、当然気は抜けている。
「このサイダー、どうしたの?」
「ああ、ゆうべ飲んだよ」
「えっ、飲むなって言ってたじゃない」
「夜中にすごく喉が渇いたんだ」
「私が飲みたがってたの、知ってるでしょ。せめて半分飲ませてくれればいいのに」
「寝てたからさ」
いや、Bが夜中に起き出して冷蔵庫開けたのは知ってたよ。ヤクルトかなんか飲んだのかと思ってた。なぜ、わざわざ包装をあけて常温のサイダーを? それにしてもあまりに堂々と言われたので笑ってしまった。晩ごはんの「塩豚と白菜鍋」、塩豚の熟成が進みすぎてて確かにしょっぱかったよね。
[ 2011.11.30 / Co0 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。