風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ 秋ごはん / 食べる ]

1週間ぶりに瀬戸から帰宅。今年の「来る福」イベントは、直前にいろんなことが重なって本当にてんてこまいだった。でも、何とか無事に終わってホッとしている。皆さまありがとうございました。
出張中は、昼は時間がなくて「吸い込む」感じ、夜は連日宴会で食べるより呑む、という食生活だったので、久しぶりのフツーの家ごはん。新サンマの塩焼きに大根おろしたっぷり。ホクホク肉じゃが。ほうれん草のおひたし。ピカピカの新米にほどよく漬かったきゅうりと茄子のぬか漬け。なんとオーセンティックな日本の秋ごはん。
[ 2010.09.28 / Co0 / Tr0 ]

[ DV桃 / 食べる ]

食べ頃だから東京でと持って行った桃、結局そのまま嬬恋に持ち帰り。気をつけたつもりだけど、一皮むいたらやっぱり打ち身とあざだらけ。家庭内で起きた暴力行為(往復300キロ移動)の結果である。ごめんよ、と謝りながら切り分けてレモンと蜂蜜をかけ、Bの朝ごはんに添える。桃にとって最大のバイオレンスは食べられることかも知れないけど。
[ 2010.08.23 / Co13 / Tr0 ]

[ 盛りつけただけ、刻んだだけ、冷やしただけ / 食べる ]

「この夏の暑さのピーク」と予想されている日程で、なにゆえ上京するのか。それはギャラリー猫町でwataruさんのオープニングパーティがあるから。とは言ってもヘルズ・キッチンで賄いのオバチャンが倒れては話にならないので、極力、火を使わないメニューを考える。添乗員をされているwataru夫人からいただいたボリヴィアの塩をヒントに、イタリア、ドイツ、ヒマラヤ、ハワイ、沖縄など世界各地の塩をラベル付きの小皿に。生野菜いろいろと茹でジャガイモにつけて食べ比べする「塩ティスティング」。京都、新潟、松本、東京の豆腐に、香味野菜を刻んで調味した山型の郷土料理「だし」を添えた「冷や奴バイキング」。器も豆腐も「だし」もキンキンに冷やすのがポイント。夏らしく、ゴーヤとスパムのチャンプルー、タイ風グリーンカレー、最後は蜂蜜風味のヴァニラアイスとラム酒と珈琲リキュールを効かせた濃厚チョコレートムースで締め。盛りつけただけ、刻んだだけ、冷やしただけ…のメニューのわりには好評でした。
●wataru個展「マデ-カラ TEN」
8月 5日(木)~15日(日)*8/9~11休廊
「御陰様でギャラリー猫町での個展も10年、10回目を迎えます。これマデの猫写真に加え、これカラは紙工作等も披露いたします。マデ-カラTEN どうぞお楽しみに。」写真家、そして猫のようにのんびりゆったり生きるライフスタイルを提唱する「ゆっくり研究所」所長でもあるwataruさん。センスのいい写真と雑貨を見せてくれます。
*作家在廊予定日:全日
[ 2010.08.06 / Co13 / Tr0 ]

[ メロン大尽、桃長者 / 食べる ]

小淵沢のおもだか屋アートステージさんの夏季オープニングに招んでいただいた。スタッフの皆さんのお心づくしでとても楽しい時間を過ごせた。ありがとうございました。
翌日は山梨方面で猫撮影、この時期はどこに行っても「桃」と書いたのぼりが翻っていて、桃好きの私はそわそわしてしまう。JAや道の駅で買ったり、撮影先でお土産にいただいたりで総勢1ダースの桃を引き連れて帰宅。(本当はもっと買いたかった)お中元にBの好きな富良野メロンも届いていて、冷蔵庫は旬の果物で満杯。ものすごく贅沢な気分。
[ 2010.07.20 / Co14 / Tr0 ]

[ 新ショウガとラッキョウ / 食べる ]

忙しい。やることは山積でまだ全然手が付いていない。なのに、買い物に行って新ショウガや泥付きラッキョウを見るとキロ単位で買わずにはいられない。ああ、現実逃避…と思いながら保存食作り。今年はラッキョウを5キロ漬けた。劇臭に泣きながら東京から持ち帰った分はやはり過発酵したらしく塩辛い。料理にでも使ってしまわなければ。新ショウガは薄切りにして梅酢に漬けると瞬時に淡いピンクに変わって美しい。自家製のガリ、付け合わせやちらし寿司に便利。今年初めて作ってみた新ショウガの佃煮、Bの口には合わなかったようで、美味しいと言ってくれた実家の母にどっさりあげた。さすがに今年は梅仕事に手を出す余裕はなさそうだ。
[ 2010.06.30 / Co15 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。