風呂猫スタジオ

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ カマドウマフォビア / 雑記 ]

嬬恋の家は、この夏、蟻の不法侵入に悩まされた。蟻の行列が終ったと思ったら、今度はカマドウマ来襲の季節がやって来た。いよいよ冬だ。カマドウマは「ベンジョコオロギ」という身も蓋も無い別名を持つ虫。確かに弱っちいコオロギという感じでよく跳ねる。ヤツらはどこからやって来るのか。謎である。昔はカマドのあたりにいたんだろうが、我が家では暖炉のある半地下の居間の出没率が高い。別段、悪さもしないので見逃してやってもいいのだが、いかんせん、数が多すぎる。掃除機で吸っても吸ってもきりがない。猫どもも、昔は反応していたが、年をくって怠惰になったせいか、飽きたのか、鼻先でぴょんぴょん跳ねていても知らん顔だ。(ずぼらなモンは太い腹の下敷きにして圧死させていることもあるが)
 じゃまくさいだけで、どうってことのないカマドウマだが、なぜか、この虫だけはダメ、という友だち(男性)がいる。チラッと見るだけで身体が硬直して冷や汗が出るそうだ。一種の恐怖症といっていいだろう。
「どうして? 何もしないじゃん」と訊いたことがある。彼はみるみる青ざめて
「その、何もしないってところが恐いんだよ…」と言った。
よくわからない。そんな理由で嫌われたらカマドウマも立つ瀬がなかろう。
 追分の「油や」で見かけるカマドウマは、嬬恋とは別種なのか、倍くらいの大きさがあって強そうである。件の友人が見たら卒倒ものだ。彼を誘うのは春夏シーズンに限るな。

*カマドウマの写真は自粛しました。
[ 2012.11.08 / Co1 / Tr0 ]

[ ミドリと闘う / 雑記 ]

今日は谷中で「燃えるゴミ」の出せる日。屋内のゴミをまとめたついでに、伸び放題だった家の周りの雑草も抜いて出しちゃおう、と外へ。ふと気付くと長期入院中の義母の2Fの住まいのあたりがエライことになっていた。壁面緑化を期待して植えたツタが繁茂しまくって、ポストやガスメーター、リビングの網戸にまでびっしりと張り付いている。こりゃいかん!と、枝切り鋏を探すも行方知れず。仕方なくキッチンばさみと軍手を武器に挑むこと1時間。網戸なんか裏表にまんべんなく張り付かれていた。あんなに愛らしかったヘデラのポット苗がこんなに凶悪になるなんて…。ツヤツヤの葉っぱのカーテンをめくると、すね毛ボーボーのおっさんの脚みたいな根っこが出て来るのも憎々しい。いつゴミ収集車がやって来るかわからないので、焦りつつキッチンばさみでエイエイッと切りまくっていたら、なんか、ツタじゃないものが落ちてる。勢い余って水撒き用ホースまでチョッキンしちゃったみたい。これ、家のならいいけど、1Fの「肉球カフェ29」さんのじゃないだろーな?
 とにかく、植物の力をナメちゃいけません。3Fのリビングの窓際のソファに座っていて、つんつんと肩をつつかれ、振り向いたら網戸越しに侵入したモッコウバラの枝だった。モッコウバラもあんなに可憐な鉢で、枯れるのが心配で水やりしていたというのに。今や4Fまで伸び放題。トゲが無いはずなのに今じゃ先祖帰りした枝がトゲ付き危険。この一部始終を動画撮影して「安易な壁面緑化計画の代償」というタイトルで公開すればよかった。
 だいたい、植物を育てるのはホントに日々の積み重ねなわけで、ズボラ&嬬恋との二重生活な我々が手を出しちゃいけない分野なのである。Bはなぜか「クワズイモ」の鉢植えを買いたがる癖がある。「いい型だなぁ」と買って来ても水やりをするのは私で結局枯らしてしまうので、Bには「イモゴロシ」という物騒な別名がある。まあ、私も雑草を引っこ抜いたプランターを見て『何か植えたいなぁ。ホームセンターで秋植えの苗を見て来ようかな』などど懲りもせずに考えてしまうし。つくづく植物迷惑なヒトビトだ。
 そうそう、3年前に「文京区の屋上で蜜柑を収穫!」という雑誌記事を見てホイホイ植えた蜜柑に数個、実がついてたのが収穫だった!(ツタにまぎれてわからなかった…)
[ 2012.11.01 / Co0 / Tr0 ]

[ モノ、コト、ヒト、そしてネコ。 /  ]

さて、ホンモノ市終了直後の油やでのこと。「誰かお弁当いらない? 発注したの余っちゃったの〜」とお弁当パックを抱えてバタバタと走ってきた追分コロニーの祐子さん。ギャラリー沙庭のなかむらじんさんをつかまえて立ち話を始めたところに、ホンモノ市プロデューサーの宮田さん。
「じんさん、見た?」「うん、見たけど小さくて…」
その日、向かいのお店の納屋で母猫に置き去りにされた生後間もない赤ちゃん猫が保護された。祐子さんが超多忙な中、貰い手を探してかけずり回っていたのだ。カレー鍋をかきまわしながら話を聞いた私、思わず「柄は? 黒猫じゃないの?」「それが、ぶち猫なのよ…」
実は、春先にじんさんから「黒猫がほしいので探してもらえないか」という発注を受けてたのだ。しかし、こういう時に限って黒猫と出会わない。サビまじりやグレ白、トラ猫ばかり。まあ、「こういうのって縁のものだから、じっくり探しますね」と、じんさんに言っていたところ。
じん「僕、そんな赤ちゃん猫なんて育てたことないからさあ。大丈夫かなぁと思って」
宮田「大丈夫だって! 俺なんか子どもの頃からずっと猫がいるけど、目さえ開いてたらちゃんと育つ。犬なんかより猫の方がずっと丈夫だよ」
祐子「それに、ちょっと大きくなるまでは亀田屋さん(これも近所の店)が預かって世話してくれるって」
じん「でも、トイレとかえさとかどうすればいいのかなぁ」
荒川「うちにあるよ!必要なもの全部持って来るから! 仔猫の育て方の本もあるよ!」
結局、じんさんが里親さんになることに決定! おかしかったのは、目も回るくらい忙しいはずの関係者が、赤ちゃん猫のためにじんさんを取り囲んで真剣に説得していたこと。なんかいいヒトたちだなぁ、と改めて思ってしまった。
モノ、コト、ヒトが出会う「文化磁場油や」の「ホンモノ市」。じんさんと赤ちゃん猫が出会いました。
*後でよくよく聞いたら、その仔猫、背中は真黒で足が白いというから「ほぼ黒猫」と言ってもいい。猫の神様は、このご縁を用意していたんだね。
[ 2012.10.10 / Co0 / Tr0 ]

[ 秋晴れ「猫町食堂」 / 雑記 ]

猫町食堂
「ホンモノ市」で「猫町食堂」を出店しました。「今年はカレー屋でもやろうかなぁ」と、うっかり「ホンモノ市」プロデューサーの宮田さんに言ったのが運の尽き。「飲食関係が手薄なので是非!」。G猫町二人展中の東夫妻もいるし、10/7には古盤堂音楽イベントもある。どうせマカナイメシは必要なんだし、とエントリー。「お天気次第だし、そんなに出ないんじゃないの?」と心配するBの声もあって、まぁ、2日で50〜70食くらい、と想定。谷中G猫町のパーティで大人数の料理は作り慣れているはず…が、やっぱ
り20人前と70人以上では大違い。作業時間の目論見が外れまくり。毎晩モーローとしながら仕込み。
 初日は10時のOPENから1時間、お客様ゼロ。『こりゃ、しばらくうちメシはカレーだな』と覚悟。お昼が近づくにつれて徐々に注文が増え、2升のごはんが空っぽ。あわてて炊き増しに走る。翌日はインド風チキンカレーが切れそうなのでタイ風グリーンカレーを追加したが、13時頃にはどちらも完売。合計コメ61合。
そもそも野外イベントで「ごはん」を出すのは大変なんだということに今更思い至って冷や汗。(豚汁とかおでんにすりゃよかった)でも、結局100人以上のお客さまが、お皿にごはんの一粒、ピクルスの一片も残さずきれいに平らげてくださったのが何よりのヨロコビです。秋の爽やかな空気の中での外ごはん、という環境に助けられてのことではありますが。
 ご来場の皆さま、東京から助っ人に駆けつけてくれたのりちゃん、ありがとうございました!(マカナイメシに回す分も出ちゃって、のりちゃんに食べてもらえなかったのが残念)
[ 2012.10.10 / Co0 / Tr0 ]

[ モデル家庭の皆さまへ:ポートレイト発送しました。 / お知らせ ]

板東寛司の「家庭訪問猫撮影」にご協力いただきありがとうございました。
2011年5月23日から2012年6月2日までの期間に撮影にお伺いしたモデル家庭のお宅に、猫さんのポートレイトをお送りいたしました。ご感想などいただければ幸いです。(猫さんが隠れてしまったりして、全く撮れなかった場合にはお送り出来ません)
 風呂猫2013カレンダーに採用になった猫さんには、掲載見本も1部お届けしました。今回採用に至らなかった場合でも、また何かに掲載のチャンスはありますので気長にお待ちいただければと思います。
今日のモデル猫●http://www.facebook.com/cats.model
猫の写真教室●http://www.facebook.com/catphotolab
[ 2012.09.25 / Co0 / Tr0 ]

[ 新着記事 ]

[ カテゴリー ]

[ リンク ]

[ facebook ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。